FC2ブログ

KOHHI BIWAKO GUIDE

取り敢えず


一時間後くらいには、固く成って行きますが、削れる状態では無く、FRPの分子構造は結構特殊で、よくボートの中のFRPを見ると、色が塗って有る事が有りますが、これは見た目の問題では無く、FRP樹脂はパラフィン(ワックス成分)が混ぜられて無いと、物と分子結合してる部分は、硬く硬化してくれますが、空気とは結合しないので、内側のFRPの面は、塗装しないとヌメヌメしてしまうので、塗装がして有り(カーペット貼る部分はボンドがつくので)、表面のクリヤの部分はインパラフィン、それより内側の積層する部分はノンパラフィンの樹脂となっており、表面はこのワックス成分は混ぜて有るので、物を弾きやすく、年月経つと白く成る特性が有ります。
なのでクリヤゲルをただ塗っても、分子結合しにくいので、プライマーや、熱を加えて分子の足を誘導しやすくしてやる必要が有り、全部いっぺんにやっても、後で磨いてたら、ポロっと剥がれる事も有るので、慎重に一部テストします。
二液製のウレタンの方が、簡単に出来ますが、一面で塗らないと、継ぎ目が磨いでも消えないので、プツプツ穴キズが多い今回は、これがいいのかと思ってます。
  1. 2019/11/19(火) 12:47:02|
  2. 未分類
  3. | コメント:0

難しい





ボート全体のキズ消しで、クリヤゲルの相性テストをするのに、取り敢えず下処理して、塗っておきます。
  1. 2019/11/19(火) 12:27:04|
  2. 未分類
  3. | コメント:0

ネジが無いらしく


トランスデューサーを、ブラケットに留めてるネジ6本の内、4本が無いとの事で、見に行ってみたら、残った2本も緩く、初めから締め付け弱かったのでは?、そんなのをネジ合うかなと試してみたら、ミリネジで締めれました。
自分が着けたやつなら、無償でなんですが、そうで無いと運転して行くだけの時間も有るので、困った事なんですが!
  1. 2019/11/19(火) 12:23:03|
  2. 未分類
  3. | コメント:0

リコールにて



車のリコール修理に出すので、後ろの荷物を片側降ろして、リヤシートが後ろにスライドする様にしています。
そして降ろした荷物と、ここ1ヶ月の、作業ゴミを仕分けです。
  1. 2019/11/18(月) 12:02:09|
  2. 未分類
  3. | コメント:0

ギョタン打ち合わせ





お客さんのギョタン変更へのアドバイスから、昨日荒れた中で、私のボートのトランスデューサーズレていて、トランサム用の金物で留めてるのを、他社の取り付け樹脂を利用して、一段低く取り付けに変更です。
  1. 2019/11/17(日) 20:55:13|
  2. 未分類
  3. | コメント:0
前のページ 次のページ

プロフィール

コッヒー

フェイスブック

Amazon商品一覧【新着順】

お勧め商品

Twitter

GriT Design Movie

Loading...

最近の記事

月別アーカイブ

最近のコメント

カテゴリー

RSSリンクの表示

リンク

カウンタ

天気予報