FC2ブログ

KOHHI BIWAKO GUIDE

英語版ですので



処理の遅れる日本語変換されて無いので、水温、水深、時間、スピードの表示設定など、少し手間取りましたが、いくつかのパターンの画面設定作り、途中ローテクオッサン捕まえて、ギョタン見てましたが、えーなぁ、えーなぁと言ってました。でも魚はギョタンが幾ら良くても、幾ら映りがいいエリアを探せたとしても、それがその時釣れるとは限りません。
その日、その時の条件なら、前に調べていたこんな写りのエリアが、こんな釣りなら釣れる可能性が限り無く高い、こんな感じの雰囲気から、ギョタンを使った努力を掛け合わせて、使いこなさないといけないのでは無いでしょうか?

初めからいいギョタンから始めた人は、ギョタントラブルが有ったら、釣れない理由をギョタンのせいにしたり、いつもは釣れてる自慢をしてるのに、トーナメントの日に限っては、釣れなかった言い訳をしてる人何かは、ダメなパチンコ台を、絶対出るはずだと、ダラダラ打ち続けてる人に、何と無く見えてしまうのは、私だけではないはずです。

いいギョタンを買って使い来なそうと思ったら、ギョタンかけては打って、又ギョタンかけて打って、釣れればその時の雰囲気を身体に覚えさせて、場所はギョタンに、雰囲気は身体に、蓄積させて行かなければなりません。

  1. 2016/03/27(日) 21:46:07|
  2. 未分類
  3. | コメント:0
<<早目のヒットです。 | ホーム | 今日は勉強中>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

プロフィール

コッヒー

フェイスブック

Amazon商品一覧【新着順】

お勧め商品

Twitter

GriT Design Movie

Loading...

最近の記事

月別アーカイブ

最近のコメント

カテゴリー

RSSリンクの表示

リンク

カウンタ

天気予報